空家・空地対策 開成不動産でご相談いただけます

空家・空地をお持ちの方

増え続ける空き家、空き地、対策が必要です

高齢化社会を原因として、近年、長期間人が住んでいない空家が各地で増加し続けています。
総務省「平成30年住宅・土地統計調査」によると、平成30年10月時点の空家総数は、849万戸でした。平成25年と比べ29万戸増え、総住宅数に占める空家の割合(空家率)は13.6%と過去最多となりました。

年度別空家数

年々、空家・空地が増えていることがわかります。

空家の問題点と対策

適切に管理されていない空家は、以下の要因から近隣住民に悪影響を与える可能性があります。

  • 景観の悪化
  • 周辺地域の資産価値の低下
  • 犯罪の原因となる可能性
  • 建物の倒壊による危険性
  • 著しく衛生上に有害となる場合

上記の問題や被害があった場合、所有者が適切な措置を講じる必要がでてきます。
長期間の放置は草木の隣地への問題や、犯罪の温床、倒壊リスク等、何かあった場合に所有者が対応をしなければなりません。
空き家・空き地が遠方だったり、近場でも管理が難しい場合や、売りたい場合、今後どうすればいいかお悩みの場合、ご雑談ください。
管理代行、売却、賃貸、リノベーションなど、その物件に合わせて最適なご提案を致します。

不動産売却について

  • 青森県内にて、空家・空地をお持ちの方、処分に迷われている方
  • 青森県外や遠方にお住みの方で、県内に、空家・空地をお持ちの方

売却相談、相場の調査、活用提案など致します。
弊社は、八戸市内で昭和55年創業から長年地元の不動産仲介をしております。
さらに、不動産コンサルティングマスターを有し、不動産コンサルに定評があります、ぜひご相談くださいませ。

売却ご相談の流れ

  1. 空家、空地についてのお問合せ
    (メール、お電話にて)
  2. ご相談、必要に応じたコンサルティング
    (コンサルの結果売却しないご提案も致します)
  3. 売却の場合事前査定、確認後契約
  4. 販売開始
  5. お客様(買い主)との交渉
  6. 売買契約
  7. 決済、各種手続き、引き渡し

売却だけでなく、管理代行や賃貸・リノベーション等、不動産コンサルティングマスターとして最適なご提案を致します。お気軽にご相談ください。

不動産コンサルティングマスター

当社が登録されている、信頼の証不動産コンサルティングマスターについて

「公認 不動産コンサルティングマスター」とは、不動産流通推進センターにて以下の要件を満たした不動産業者のみが認定される「幅広い知識を有する不動産のプロとして」の公認資格です。
指定国家資格を有し、不動産コンサルティング試験を合格した後、実務経験を5年以上行った者が認定されます。
お客様に対して「売りましょう」という話だけではなく、売ったほうがいいのか、手放さずもっていたほうがいいのか、賃貸の可能性など、不動産の知識と経験を通してお客様目線で考えご提案する事が出来ます。
不動産についてご検討される場合、不動産コンサルティングマスターである、開成不動産にご相談ください。

不動産コンサルティング技能試験受験資格

下記のいずれかの国家資格登録者

  • 宅地建物取引主任者
  • 不動産鑑定士
  • 一級建築士

不動産コンサルティング技能試験に合格

各資格登録後、実務5年以上を経験

公認 不動産コンサルティングマスター

公認 不動産コンサルティングマスターが行う不動産コンサルティングとは? 公認 不動産コンサルティングマスターが行う不動産コンサルティング業務は、『不動産コンサルティング制度検討委員会報告書』において、「依頼者との契約に基づき、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、お客様がよりよい選択を行えるように企画、調整し、提案する業務」です。